当院の新型コロナウイルス感染拡大対策につきまして

はじめまして。ご覧頂きましてありがとうございます。

フェリア歯科の藤森と申します。

このたびブログを開設しました。歯科医療における当院の取り組みなどにつきまして発信させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、歯科治療は新型コロナの感染リスクが高いという報道もあり、”歯医者に行くと感染するのでは?”といったご心配を抱かれる方も多いと思います。実はわたしたちは、今回の新型コロナ感染拡大が懸念される以前から、患者さんとスタッフの安全を第一に考え、全ての感染性病原体等の感染リスクに対して十分配慮して診療してきました。

当院では、感染対策にスタンダードプリコーション標準的予防策を基本として多くの取り組みを行っております。スタンダードプリコーションとは感染症の有無にかかわらず全ての患者さんに対して行われる予防策です。「汗を除くすべての血液、体液、分泌物、損傷のある皮膚・粘膜は感染性病原体を含む可能性がある」という原則に基づき、手指衛生やマスク・ガウンの着用、物品の整備などを行うことです。

また最近特に耳にするようになりましたエアロゾルに対しても、以下のような器機を設置し、少しでもリスクを回避するよう努力しています。

手術用空気清浄ユニットの設置 クリーンエリア エアロクリーン

清浄度クラス10,000”の清潔で安全な手術室をスイッチひとつで瞬間的に作り出すクリーンエリアを設置。その集塵率は0.3μmで99.97%以上の能力があります。興味のある方はこちらをご覧になってみてください。また毎分35㎥の空気清浄能力を持つエアロシステムM35を設置しております。こちらも興味のある方はこちらをご覧になってみてください。これらの浄化システム5機と室内の定期的な換気により、院内の空気をより清潔なものとしております。

歯科用吸引装置(口腔外バキューム)

切削時の飛沫を最小限にとどめるためスーパーバイオフィルターHEPAを使用した口腔外吸引装置を設置しております。最近よく耳にされるN95と同等です。興味のあるかたはこちらをご覧になってみてください。

最近マスコミでも取り上げられることが多くなりました歯科用切削器具に関しまして(歯を削るドリルです)、患者さんに使用する多くの機材器具と同様に高圧蒸気滅菌器オートクレーブを用いた滅菌処理をおこなっております。また歯科用ユニットや待合室の手すりドアノブなど皆さんが触れる機会が多い箇所に関しましては徹底的なアルコールや次亜塩素酸ナトリウムによる頻回な清拭を行っております。

今回の新型コロナウイルス感染拡大対策として患者さんにもご協力いただいていること

診察前の口腔内消毒のお願い・・・ヨード、アルコールなどあわない方はお申し出ください

スタッフのマスク、フェイスシールド常用・・・失礼かとは思いますがお許しください

受付の透明シート設置・・・お話しが聞き取りにくいかもしれません

待合室の雑誌類の撤去・・・ご不便をおかけします

自動ドアの常時開放・・・ご不便をおかけします

咳エチケットのお願い・・・マスクを着用の上ご来院ください

アルコールによる手指消毒のお願い・・・待合室に設置

などなど、皆さまも心身ともにお疲れかとは思いますが、何卒ご協力のほどよろしくお願いします。

そのほかご不明やご心配な点はスタッフやわたしにドンドン質問してください!